公益財団法人日本シルバーボランティアズ / JAPAN SILVER VOLUNTEERS,INC

財団の沿革 HISTORY

(公財)日本シルバーボランティアズの沿革

創設者である初代アジア開発銀行総裁の渡邊武氏は、1968年から6年間フィリピンのマニラにあって開発途上国の実情を具に見た経験から、日本の定年退職者の技術・知識・経験を開発途上地域の自立援助に役立てたいとの構想を発表しました。これが発端となって1979年1月「財団法人日本シルバーボランティアズ」(Japan Silver Volunteeers Inc.)として設立され、開発途上地域を中心に多岐に亘る分野のボランティア活動を開始しました。

一時JICAとも協業しつつ、2012年4月、法人制度の改正に伴い新たに公益財団法人として発足し今日に至っています。

魚を与えて一日を養い、漁法(すなどり)を伝えて一生を養う

「魚を与えれば一日の空腹を満たすことができるが、魚を獲る方法を教えればその後一生にわたって自活して行くことができる」という意味のこの中国古典にある言葉は、創設者である渡邊武氏の構想の基盤であり、当財団の理念となっています。

受賞

上記の理念に基づき活動を行ってきた当財団には、以下のような賞を頂いております。

  • 1991年1月 国際交流奨励賞
    • 1977年の設立以来、アジア・アフリカ・中近東・オセアニア・中南米等の発展途上国へ900名を超える各分野の中高年専門家を派遣し国際親善と友好促進に寄与した活動が評価され、国際交流基金より「国際交流奨励賞」を受賞しました。

  • 2002年10月 読売国際協力賞
    • 1977年の設立以来、定年退職者を主体とした中高年の海外奉仕活動を支援し、延べ3,000名を超える会員を発展途上国に派遣してきた市民レベルの地道な活動が評価され、読売新聞社より第9回「読売国際協力賞」を受賞しました。

  • 2003年10月 厚生労働大臣表彰
    • 1977年設立依頼のボランティア活動の実践を通じて定年退職者を中心とした中高年の第二の人生に生きがいを提供した実践が高く評価され、坂口厚厚生労働大臣より表彰されました。

  • 2009年9月 中国国家友誼賞
    • 32年間に亘り中国へ中高年専門家を派遣し同国への技術支援と友好親善に貢献したことが高く評価され、中国政府より最高の栄誉賞である「国家友誼賞」を受賞しました。

発起人一覧

代表発起人渡邊 武元アジア開発銀行総裁
発起人藤野 忠治郎三菱商事㈱会長
水上 達三三井物産㈱社長
中野 良子オイスカインターナショナル総裁
花村 仁八郎経済団体連合会副会長
佐々木 直経済同友会副会長
山下 静一経済同友会副代表幹事
日向 方斉関西経済連合会会長
高橋 淑郎日本商工会議所専務理事
佐伯 勇大阪商工会議所会頭
長谷川 周重住友化学㈱会長
法眼 晋作国際協力事業団総裁
広岡 知男日本新聞協会会長
岩田 喜雄アジア会館理事長
東 龍太郎日本赤十字社社長
大来 佐武郎国際開発センター顧問理事
稲葉 秀三(財)産業研究所理事長
茅 誠司日本学術振興会会長
卜部 敏男元フィリピン大使
※順不同。所属、役職は当時。


理事長就任御挨拶

                  新理事長 神服 巌

この6月24日に新しく理事長に就任いたしました神服 巖(ハットリ イワオ)と申します。  

ご挨拶させていただきます。

長年総合商社に勤務後、自由人になった折、海外へいろいろな分野のシニア専門家を派遣する本財団の理事をされていた方から、興味があれば一緒に仕事をしないかとの誘いを受け、今日にいたるまで18年間事務局スタッフを務めております。

今般前理事長が、体調を崩され職務を続けられない旨の申し出でがあり、理事長職を継がさせて戴くことになりました。
当財団は、1979年(昭和54年)1月、財団法人日本シルバーボランティアズとして発足、その後新法人制度の下、2012年(平成24年)4月、公益財団法人日本シルバーボランティアズとして、新しく出発しました。

この間、約40年間に亘り、約70カ国・地域へ累計で5,300人のボランティアを派遣してきました。

当然この間に国内・外とも大きな変化を経験し、特に今年に入って誰もが予想もしなかった、大きな試練、新型コロナ・ウイルス感染のパンデミック拡散が世界を覆いました。

人類世界にとって、この不幸・危険な事態が、いつ落ち着くのかはわかりませんが、事務局としては、必ず新しい夜明けが来ることを確信して、しっかり組織を維持すべく全力を尽くしていく所存です。

皆様方には、今後とも当財団の活動にご協力を賜りたく、よろしく御願い申し上げます。

最後になりましたが、丸山 俊二様には、2005年(平成17年)5月理事長に就任以来、2020年(令和2年)6月に退任されるまで困難な局面が多々あった中で、15年の長きに亘り当財団を正しい方向に牽引して頂き誠にお疲れ様でございました。

事務局スタッフ一同心より感謝申し上げます。ありがとうございました。


理事長退任御挨拶


前理事長 丸山 俊二

 故 宮川 渉 元理事長の後任として理事長に選任されてから、もう15年となりました。

 この間、本財団の創立者である故 渡邊 武 元名誉会長の教えを胸に、専門家派遣による技術協力、相手先との相互理解・友好親善、専門家自身 にとっての新たな「生き甲斐』と言う三つの目標に向けて仕事を進めて参りましたが、意図したような事業展開が出来なかった事は本当に申し訳なく思っております。

在任期間を通じ、国内経済は低迷しており、一部の御理解ある方々を除いては、御支援をお願いするのは困難で、減少傾向が続いておりました。

 更に、2003年に国際協力事業団が特殊法人から独立行政法人の国際協力機構 (JICA)に改組されたのに伴い、中国への派遣旅費助成とシニア海外ボランティア事業受託が打ち切られたのも大きな負担となりました。

 加えて、当財団の宿命とも言える、会員の高齢化と会員数の減少の問題が常に迫っておりました。

 このような厳しい状況ではありましたが、専門家派遣事業では,先ず一般地域について、世界的な日本語への関心の高まりを背景として、日本語教師を東南アジアを始め、南アジア、中央アジア、中近東、南米等の諸国に派遣して参りました。
又、中国に対しては、農業技術者を中心として様々な分野の専門家を広範な地域に派遣し、その功績は派遣先はもとより、中央政府からも高く評価され,多くの方々が中国国家友誼賞を受賞して居られます。尚、当財団自身も2009年にこの賞を受けており続いて2010年に当時の 温家宝 国務院総理の来日の際、中日友好貢献賞を頂いております。

 2012年4月,私共の財団は公益財団法人の認定を受けることが出来ました。非常な難関とされていた公益認定が得られた事は,もとより長年に亘る関係者の皆様の御尽力、御支援がもたらした成果ですが、一連の申請手続きに於いては神服新理事長の奮闘努力によるところが極めて大でした。

 以上の通り、困難が続く中、、それなりの実績を挙げて来られましたのは、ひとえに会員の専門家諸氏、私共の事業を御支援頂いている関係団体、企業の皆様、そして評議員と理事、監事の方々の御尽力の賜物であり、改めて厚く、厚く御礼申し上げると共に、神服 新理事長に対しても,従前にも増して力強い御支援と多方面に亘る御協力を賜りますよう,切にお願い申し上げます。

 現在、我が国は国難とも言うべき新型コロナウィルスの猛威に直面しております。我々国民が一致団結の下、この危機を乗り越えられるよう念願して止みません。