jsvmark      公益財団法人日本シルバーボランティアズ
         JAPAN SILVER VOLUNTEERS,INC
TOP   ご挨拶   財団の概要   沿革  ボランティア事業 派遣条件   ご入会  ご寄付  情報公開  アクセス
 
 
ご挨拶  GREETINGS
ご挨拶 
           JSVを取り巻く環境について          
 

                                     理事長      神服 巌         


 今年も残すところ、あと僅かとなりましたが、弊財団のボランティイア活動に物心両面から、ご支援・
ご協力を頂いております多くの団体、企業、会員の皆様には、心より感謝申し上げます。 有難う
ございます。

 私の新理事長就任のご挨拶でも触れさせて頂きましたが、事務局スタッフとしてこの事業に参加させて頂い
て以来、20年近くになりますが、その間2003年にサーズの感染問題が発生し、1年間ほど、一部の派遣活
動の停止を余儀なくされたり、東北の大震災、熊本大地震台風などの豪雨による大水害の多発、海外に目を
向ければ、多くの地域で政治的・社会的な大混乱・社会不安の発生等多くの厳しくかつ困難な状況に遭遇して
きました、 パンデミックに襲われ、政治、社会、経済活動等あらゆる面で、大きな制約が掛かりこの上ない不
安な状況に置かれています。 

 5~6月ごろには、感染の抑え込みに成功し、主要国などでは経済活動等で厳しい規制が緩められ明るい状況が、垣間見えた感じが
しましたが、秋口になり、アメリカ、ヨーロッパ主要国、インド等で、拡大猛威がぶり返し、予断を許さない状況が、現出しているようです。

 かかる状況下で、当財団としても、ボランティアの派遣業務がおとんどできず、略休止状態におかれ、対応に苦慮しております。

 つきましては、従来は、毎年春・秋に活動状況を中心にした広報誌「JSV NEWS」を発行して参りましたが、今回は、東南アジア、
中国等派遣国・地域が現在どのような状況下にあるかをお知らせすることにしたいと存じます。
宜しくご理解を賜りたく、お願い申し上げます。
 

                                                               2020年11月