本文へスキップ

    魚を与えて一日を養い、漁法(すなどり)を伝えて一生を養う。

公益財団法人日本シルバーボランティアズのホームページへようこそ。
当財団は1979年1月に設立され、69カ国に5,100人を超える多岐に亘る専門家を
ボランティアとして派遣してきました(2018年3月末現在)。
現在は主に東南アジア地域及び中国に、農業、工業、日本語教育等の専門家を派遣しています。
皆様のご参加、ご支援をお待ちしております。



「日本シルバーボランティアズ」 は、故 渡邊 武 名誉会長の提唱により、1979年に設立されました。名誉会長は、アジア開発銀行の初代総裁の要職にあった当時の経験から、開発途上地域への支援手段としての技術移転の有効性とその効果の持続性に着目し、併せて技術指導を通じて現地の人々との相互理解や友好親善を深める意義にも留意し、一方では高齢化社会にあって、定年退職者を含め中高年の人達が技術支援に携わることにより新たな「生き甲斐」を持てるようにしてはどうかと言う構想に至ったとのことです。国際的な経済協力の形態は、資金協力(資金援助)と技術協力(技術援助)とに大別されますが、渡邊名誉会長が資金援助を宗とする国際金融機関の総帥の座にあって尚、技術援助の重要性とその派生効果に着眼したのは、視野の広さと卓抜した識見の証左と言えましょう。名誉会長自身が述べている通り、人に魚を与えるよりも、魚の獲り方を教えて上げるべきなのです。

 このように技術協力・友好親善・中高年者の「生き甲斐」(最近ではその意に賛同した若いボランティアも増えている)と言う三位一体の成果を目差して、私共の団体は、これまでに累計5,100名を超える専門家を海外に派遣して参りました。また、法人制度の改革に伴ない、平成24年4月から「公益財団法人」として再出発しております。

 私達の専門家派遣事業は、ご理解をお寄せ下さる諸団体、関係企業、会員の方々、更には有志の皆様のご支援に支えられております。どうか今後とも幅広く、力強いご支援を賜りますよう、切にお願い申し上げます。


 お知らせ

2018年5月25日
JSV News No.93を発行しました。
2017年11月20日
JSV News No.92を発行しました。
2017年6月28日
当サイトをリニューアルしました。
2017年5月23日
JSV News No.91を発行しました。